【JavaFX】コンボボックスを作成・イベントを登録する方法(ComboBox)

JavaFXでコンボボックスの作成・イベントを登録する方法などについて記載します。

1. コンボボックスの作成

コンボボックスを作成するには、ComboBoxクラスを使用します。

構文

ComboBox<String> cmbbox = new ComboBox<>();
cmbbox.getItems().addAll(“apple”,”orange”,”banana”);

実行例

2. イベントの登録方法

コンボボックスにイベントを登録するには、setOnAction メソッドを使用します。

構文

ComboBox<String> cmbbox = new ComboBox<>();
cmbbox.setOnAction( EventHandler<ActionEvent> );

setOnAction メソッドの引数には、EventHandlerインタフェースを実装したクラスを指定します。

実行例

クリックするとメッセージが表示されます。

3. 編集可能にする方法

コンボボックスを編集可能にすると、任意の値を入力することが出来ます。

編集可能にするには、setEditable メソッドを使用します。

構文

ComboBox<String> cmbbox = new ComboBox<>();
cmbbox.setEditable(true);

実行例

4. コントロール一覧

テキストフィールド
パスワードフィールド
テキストエリア
ラベル
カレンダー
ボタン
チェックボックス
ラジオボタン
トグルボタン
選択ボックス
リストビュー
ツリービュー
コンボボックス
テーブルビュー
進捗バー
進捗インジケータ
メニューバー
メニューアイテム(複数選択可)
メニューアイテム(複数選択不可)
WebView
タブ
スプリットペイン
ツールバー
スライダー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする