leaflet入門|プラグインで地図のURLハッシュを作る(Leaflet-hash)

leafletのプラグイン「Leaflet-hash」を使用すると、現在表示している地図のURLハッシュを作成することができます。

URLハッシュが作成できれば、同じ地点・拡大率の地図をいつでも再表示することができます。

実装すると以下のようになります。

少し見づらいですが、アドレスバーのURL末尾に URLハッシュ(拡大率/緯度/経度)が表示されています。

緯度・経度は地図の中心座標になります。

Demoを表示

全体のコード

解説

地図を描画するまでの解説は、leaflet入門1に記載しています。

Step1:ファイルの配置

Leaflet-hashの本体は GitHubからダウンロードできます。

GitHub-Leaflet-hash

GitHubから取得したjsファイルを以下のように配置します。

index.html
js/leaflet-hash.js

Step2:プラグインの読み込み

Step1で配置した jsファイルを読み込みます。

Step3:Leaflet-hashの設定

L.Hashオブジェクト作成時に、L.mapオブジェクトを引数で渡します。

これで、 Leaflet-hash を使用できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする