Atom おすすめパッケージ|スタータスバーに時計を表示する(atom-clock)

AtomのPackage(atom-clock)を使用すると、カスタマイズ可能な時計をステータスバーに表示することができます。

Atomを全画面表示にしても、時刻を表示できるので便利なプラグインです。

atom-clock の使い方

1.インストール

① Atomの環境設定から “設定”を開き、”Install” を選択します。

② Packagesの検索条件に、atom-clock と入力します。

③ atom-clock が検索結果に表示されるので、インストールします。

2.使い方

Time format と Localeの設定

AtomのSettings > Packages > atom-clock を選択すると、このような設定画面が表示されます。

今回は、Time format と Locale を設定しました。
画面右下に 年月日 曜日 時刻 が表示されています。

白字で Here と表示されている文字はリンクとなっていてクリックすると、設定できる値と説明が記載されたページが表示されます。

LocaleのHereをクリックするとGit Hubのページが表示されます。

今回は、その中の ja.js を使用しています。(Localeではjaと設定)
ja.jsを開いてみると、Time format が定義されています。
今回使用した、LLLL は ‘YYYY年M月D日 dddd HH:mm’ 形式で時刻を表示するものです。

スタイルのカスタマイズ

CSSで独自のスタイルを適用することもできます。
独自スタイルは、styles.less ファイルに追加します。

メニューバーの Atom > スタイルシートを選択して、styles.less ファイルを開きます。

例えば、時刻の文字色をオレンジに変更する場合は、次のスタイルを styles.less ファイルの末尾に追加します。

保存すると次のように、文字色がオレンジ色になります。

もっとカスタマイズしたい!という方は、 Atomのatom-clockページ に記載されているので、そちらを参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする