【Xcode】HealthKitデータの読み込み・書き込みの設定方法について

XcodeでHealthKitを扱う際のデータ読み込み・書き込みの設定方法について記載します。

設定方法

1. info.plist に設定を追加

以下の2つの設定を追加します。

・Privacy – Health Update Usage Description

・Privacy – Health Share Usage Description

また、各設定の Value にはデータの使用用途を入力します。

2. TARGETS – General の Frameworks を編集

プロジェクトを選択 > TARGETS > Frameworks, Libraries, and Embedded Content に、2つのフレームワークを追加します。

・HealthKit.framework

・HealthKitUI.framework

3. TARGETS – Signing & Capabilities に HealthKit を追加

プロジェクトを選択 > Signing & Capabilities に HealthKit を追加します。

+ Capability をクリックします。

HealthKit を選択します。

次のようにHealthKitが追加されます。

これで HealthKit のデータにアクセスできるようになります。
アプリから HealthKit のどのリソース(歩数など)にアクセスするかは、コードで指定します。

歩数を取得する例はこちらになります。

HealthKitの歩数(StepCount)データを取得して表示する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする