【JavaFX】ラベルに文字や画像を表示する方法(Label)

JavaFXでラベルを表示する方法について記載します。ラベルには文字やイメージを表示することができます。

1. ラベルを表示する方法

1. ラベルに文字を表示する方法

ラベルに文字を表示するには、次の方法があります。

・Labelインスタンス生成時に、コンストラクタの引数に渡す。

・LableのsetTextメソッドを使用して設定する。

実行例( コンストラクタ )

実行例( setText )

2. ラベルにイメージ(画像)を表示する方法

画像を表示する手順は、次のようになります。

① 画像を読み込む

② イメージを背景として設定する

③ ラベルに②の背景を設定する

実行例

BackgroundImageクラスのコンストラクタでは、5つの引数を渡しています。

第2、3引数は、余白がある場合に読み込んだ画像を繰り返し表示させるという設定になります。

第2引数:X軸方向へのリピート
第3引数:Y軸方向へのリピート

それぞれ null を指定することができますが、null を指定するとデフォルトの設定が使用され、余白がある場合、繰り返し表示されます。

上記の例では、BackgroundRepeat.NO_REPEAT を指定して余白があっても繰り返し表示しないように設定しています。

2. コントロール一覧

テキストフィールド
パスワードフィールド
テキストエリア
ラベル
カレンダー
ボタン
チェックボックス
ラジオボタン
トグルボタン
選択ボックス
リストビュー
ツリービュー
コンボボックス
テーブルビュー
進捗バー
進捗インジケータ
メニューバー
メニューアイテム(複数選択可)
メニューアイテム(複数選択不可)
WebView
タブ
スプリットペイン
ツールバー
スライダー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする