【JavaFX】棒グラフを作成・表示する方法(BarChart)

JavaFXで棒グラフを作成・表示する方法について記載します。

1. 棒グラフを作成・表示する方法(通常)

棒グラフを作成するには、BarChartクラスを使用します。

実行例

1. 軸の定義

文字データを使用する場合は、CategoryAxisクラスを使用します。(X軸)
数値データを使用する場合は、NumberAxisクラスを使用します。(Y軸)

2. BarChartクラスの生成

BarChartクラスのインスタンス生成時に、X・Y軸のインスタンスをコンストラクタの引数に渡します。

また、X軸は文字列、Y軸は数値なのでジェネリクスは、<String,Number> と指定しています。

3. グラフに表示するデータ

表示するデータは、系列データごとに、XYChart.Seriesクラスのインスタンスを作成して追加します。

2. 棒グラフを作成・表示する方法(横棒グラフ)

X軸に数値データ(NumberAxis)、Y軸に文字列データ(CategoryAxis)を使用すると横棒グラフを作成できます。

実行例

1. 軸の定義

横棒グラフを作成するには、次のようにします。
X軸に数値データ(NumberAxis)
Y軸に文字列データ(CategoryAxis)

2. BarChartクラスの生成

BarChartクラスのインスタンス生成時に、X・Y軸のインスタンスをコンストラクタの引数に渡します。

また、X軸は数値、Y軸は文字列なのでジェネリクスは、<Number,String> と指定しています。

3. グラフに表示するデータ

表示するデータは、系列データごとに、XYChart.Seriesクラスのインスタンスを作成して追加します。

3. その他

1. バー間のスペースを指定する方法

バー間のスペースを指定するには、BarChartクラスsetBarGapメソッドを使用します。

実行例

2. カテゴリ間のスペースを指定する方法

カテゴリ間のスペースを指定するには、BarChartクラスsetCategoryGapメソッドを使用します。

実行例

3. グラフの色を変更する方法

グラフの色を変更するには、各Seriesごとに変更後の色をCSSで指定します。

実行例

4. グラフの値をツールチップに表示する方法

グラフにマウスポインタを当てたタイミングで、ツールチップに値を表示します。
系列ごとの各データに、OnMouseEntered、 OnMouseExited イベントを登録してツールチップを表示します。

実行例

4. グラフ一覧

棒グラフを作成・表示する方法

積み上げ棒グラフを作成・表示する方法

折れ線グラフを作成・表示する方法

円グラフを作成・表示する方法

散布図を作成・表示する方法

面グラフを作成・表示する方法<

バブルチャートを作成・表示する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする